英語力に自信が無い方、英語を使いこなしたか方見てってね
題名
 
ホームへ戻ってくる
語順・構文の違い
発音の違い
英語に接する機会が少ない
英語が上手になった気がしない
英語の返り読み
実力の勘違い
リスニング学習
Lesson1 入門編
Lesson2 初級編
Lesson3 中級編
リーデング学習
日本人の弱点
あらすじをつかむ読み方
文章を理解しながら読む
速読と精読のバランス
多読と英文法

リーディング学習

日本人の弱点

私たちが中学校や高校で英語を習ったときには、ひとかたまりの文章にサーと目を通し、大意をつかむような読み方は習いませんでした。

ひとつひとつの文章を、単語や熟語、構文に気をつけて、きっちりと日本語にすることを勉強してきたのです。
これはこれで、とても重要であり、英語の力を伸ばす上で基礎になることでもあります。
しかし、残念なことに、「訳し読み」ともいうべきこの方法にあまりにも偏重しすぎるのは考えものです。

この方法で勉強するメリットは、

   1) 基本的な文法や構文をしっかり理解できる
   2) 英文を読んで内容を理解するうえで誤解が少ない

といったところではないでしょうか? やはり、とても重要です。
しかしながら、この方法にあまりにも偏重しすぎたために、わたしたちは次のようなクセがついてしまっているのです。

   3) 英文を日本語の語順で考える
   4) 読んで理解するために時間がかかる
   5) 一定期間に読むことができる英文の量がとぼしい


3)は、「たどり読み」「かえり読み」といわれる読み方です。
みなさんも記憶にあるとおもいますが、英文を読むとき、日本語の語順にあわせて、途中や後ろの方から読んで理解していく方法です。
この方法では、英語の小説を読んで楽しんだり、新聞を読んで情報を得ることは実質的にはできません。
つまり、かなり難しい英文を理解できるリーディング能力があるのに、実践レベルでは使えない、ということになってしまいます。

実践レベルで使えないリーディングが、4)です。
一つひとつの文章を、しっかり理解し日本語に置き換えながら読むわけですから、通常の読書の何倍も時間がかかります。
これでは、小説を読む気にも、ニュースに目を通すきにもなりません。
奮起して、リーディングの勉強を続けても、途中で挫折してしまい、苦手意識が残ってしまうのです。

Valuable information

▲ページTOP

HOME
なぜ苦手意識があるのか
順序・文法の違い発音の違い英語に接する機会が少ない上手になった気がしない英語の返り読み実力の勘違い
リスニング学習
入門編初級編中級編 
リーデング学習
日本人の弱点あらすじをつかむ読み方文章を理解しながら読む速読と精読のバランス多読と英文法