英語力に自信が無い方、英語を使いこなしたか方見てってね
題名
 
ホームへ戻ってくる
語順・構文の違い
発音の違い
英語に接する機会が少ない
英語が上手になった気がしない
英語の返り読み
実力の勘違い
リスニング学習
Lesson1 入門編
Lesson2 初級編
Lesson3 中級編
リーデング学習
日本人の弱点
あらすじをつかむ読み方
文章を理解しながら読む
速読と精読のバランス
多読と英文法

リスニング学習

中級編

精聴と多聴 (中級レベル)

中上級レベルは、日常会話は難なくこなせ、ビジネス英会話やニュース英語に取り組んでいくレベルです。
このレベルで問題となるのは、使用頻度が低く、難易度の高い、語彙やテーマ特有の表現です。

ビジネスを含む広範な話題の英会話や、ニュースなどの時事英語には、使用頻度の低い熟単語や、テーマ特有の難度の高い表現などが含まれてきます。
これらをいちいち、精聴学習を多用しながら学習していたのでは、大きな成長はありません。

このレベルでは、精聴学習よりも、多聴学習を多用し、多聴によって精聴と同じような効果を得る効果を引き出さなければなりません。
多聴にこだわるのは、出現頻度の低い熟単語や表現を記憶に刻んでいくには、別の場面で難度も遭遇していく必要があるからです。
別の表現をすると、出現頻度の低い熟単語や表現は、時間をかけて記憶しても、そのぶん多聴の時間が減って、別の場面で遭遇するチャンスが少なければ忘れてしまうのです。

いくらリスニングの中上級者でも、聴き取れない発音や、知らない熟単語・表現はあります。
それらを、自分のものにしていくことが、さらなるレベルアップへの道となります。
これらについは、ひと通り聞いたあとで、部分的な精聴学習で確認する程度にしておき、多聴の時間をできるだけ確保します。

できることなら、精聴学習は聴き取れない発音だけにしておき、知らない熟単語や表現については、前後の文脈から理解するように努力してください。
全てを文脈から理解することは無理かも知れませんが、上達するほどできるようになってきます。
それどころか、文脈から理解した表現は、その表現が使われる背景とともに記憶されるので、なかなか忘れません。

以上の事を意識しながら多聴学習を多用するのが、初級レベルを突破した人へのお勧め学習法になります。

おすすめWEBサイト 5選

ヤマト運輸
http://www.kuronekoyamato.co.jp/

▲ページTOP

HOME
なぜ苦手意識があるのか
順序・文法の違い発音の違い英語に接する機会が少ない上手になった気がしない英語の返り読み実力の勘違い
リスニング学習
入門編初級編中級編 
リーデング学習
日本人の弱点あらすじをつかむ読み方文章を理解しながら読む速読と精読のバランス多読と英文法