英語力に自信が無い方、英語を使いこなしたか方見てってね
題名
 
ホームへ戻ってくる
語順・構文の違い
発音の違い
英語に接する機会が少ない
英語が上手になった気がしない
英語の返り読み
実力の勘違い
リスニング学習
Lesson1 入門編
Lesson2 初級編
Lesson3 中級編
リーデング学習
日本人の弱点
あらすじをつかむ読み方
文章を理解しながら読む
速読と精読のバランス
多読と英文法

なぜ苦手意識があるのか

英語に接する機会が少ない

日本では、母国語である日本語で書かれた本や教科書が豊富にあり、英語を使って勉強する必要がありません。

あたりまえのようですが、これは日本人にとってとても恵まれたことです。 母国語で書かれた本や教科書を豊富に持っている国はそう多くありません。 ビジネスの場面でも、国際的な仕事をしたり、いつも外国人と接する人は稀で、ほとんどの社会人は英語を使う必要がありません。 

ところが皮肉なことに、これが、私たちの英語に接する機会を奪っている原因でもあるのです。 単語も構文もまったく違う、英語のような言語は、学生の時にある程度勉強していても、使わなければすぐに忘れてしまいます。

使える英語を身につけるには、学習と実践を繰り返すのがとても効果的です。 「聴き取れるようになってから英語のニュースやドラマを見よう」、あるいは「実力がついてから英字新聞を購読しよう」という方針は、お勧めできません。

実践の機会をもたず、勉強や練習だけを繰り返しても、あるレベル以上になると、記憶の維持が容易ではなく、やる気もなくなってきます。 事情が許せば、話せなくても外国人と話し、聴き取れなくても英語ニュースを聞き、読めないうちから英字新聞を購読して、英語学習と並行させのが上達の近道だと思います。

少し乱暴なことを書きましたが、英字新聞、ニュースのバイリンガル放送、洋画、さらに時事英語を取り扱った教育雑誌など、日本には生きた教材がたくさんあります。 英会話の修得やリスニングの強化には、このように「実践」と「訓練」を繰り返すような学習/勉強法を続けることが大切なのです。

 

英語が上手になった気がしない

英語はいくら覚えても、練習しても、上達している実感がなかなか湧きません。

   ・英字新聞は分からない単語だらけで読むのに膨大な時間がかかる。
   ・いくらリスニングの学習/勉強をしても、映画やニュースを聞き取れない。
   ・外国人と会話しても、聞き取れないし、言いたい表現も出てこない


ほんとうにイヤになりますね。

これを克服するには、「英語をしゃべれるようになってやる」、「絶対に留学するぞ」、「英字新聞をカッコよく読みたい」など、自分の目標をしっかり持つことが重要です。 そして、自分の生活パターンに合った、負担にならない方法で学習/訓練を継続して行く事が重要になってきます。

参考になるかどうか分かりませんが、知人がアメリカへ留学したときの体験談をひとつ披露します。

渡米前、渡米後と、うんざりするほど英会話の練習をしたのに、アメリカ人との会話がままならない状況が続きました。 ところが、ある日突然しゃべれるようになったのです。 買ったばかりの電気製品の調子が悪かったことに腹を立てた知人は、気がつくと、購入した店に電話で文句を言っていました。 もちろん英語です。 それを境に、アメリカ人とドンドンしゃべれるようになりました。

何人かの留学経験者から、「英語はある日突然しゃべれるようになる」というのを聞いたことはありました。

理由ははっきりしませんが、その時すでに英会話ができるレベルまで達していたのに、「自分は英語がしゃべれない」という先入観に知人が支配されていたのではないかと思います。 自信を失っていたのも原因のひとつかも知れません。

「それまで蓄積してきた英語力を、何かのきっかけで突然使えるようになった」そんな感じでした。

いずれにしても、使える英語を身につけることは、長い道のり。 リスニングや会話能力の向上も日々わずかなので、自分では気づきません。 とにかく自分を信じて、できるだけ楽しく継続して行きましょう。

▲ページTOP

HOME
なぜ苦手意識があるのか
順序・文法の違い発音の違い英語に接する機会が少ない上手になった気がしない英語の返り読み実力の勘違い
リスニング学習
入門編初級編中級編 
リーデング学習
日本人の弱点あらすじをつかむ読み方文章を理解しながら読む速読と精読のバランス多読と英文法