英語力に自信が無い方、英語を使いこなしたか方見てってね
題名
 
ホームへ戻ってくる
語順・構文の違い
発音の違い
英語に接する機会が少ない
英語が上手になった気がしない
英語の返り読み
実力の勘違い
リスニング学習
Lesson1 入門編
Lesson2 初級編
Lesson3 中級編
リーデング学習
日本人の弱点
あらすじをつかむ読み方
文章を理解しながら読む
速読と精読のバランス
多読と英文法

リーデング学習

文章を理解しながら読む

文章を理解しながら読む事を精読と言います

精読とは、英語をじっくり読み、あるいは何度も読み返し、各文章を理解していく読み方の事です。
この学習/勉強法では、ほとんどの人が英語を日本語に訳しながら英読んでいきます。
したがって、「精読」=「訳読」と言ってもいいと思います。

私たちは、この「精読」を学校の勉強で十分にやってきました。
英文をこのような方法で読むことが、使える英語の弊害だと言う人もいます。
ただし、これはバランスの問題です。

精読は、英語を理解するために絶対に必要な学習/勉強法であり、リーディングの基本になります。
精読学習による、基本的な読解力がなければ、速読も多読もありません。
弊害となるは、いつまでも精読一本で学習を続けることです。

精読には時間がかかるため、読み物を楽しんだり、実用的には使えません。
精読は、英文を読むための基本能力をつけるための学習/勉強法だと割り切り、これに偏重しないことが重要です。
多読とバランスをとりながら精読し、実力の向上とともに、多読へと移行していくのが効果的なのです。

 

速読と精読のバランス

ある程度の英文読解力のある人には、ボキャブラリーを制限した教材を使って、楽しみながら継続できる速読(多読)をする事をお勧めします。
しかし一方で、語彙数制限のある読み物ばかりに偏重していると、あるレベル以上ににはなかなかステプアップできません。
英語小説や英字新聞を読んだり、TOEICで高得点を目指しておられるかたは、精読を併用して読解力の向上やボキャブラリーの強化を目指す必要があるのです。

まだ読解力レベルが低いうちは、精読を重視し、同時に自分のレベルに合った読み物(Graded Readerなど)による速読(多読)と併用していきます。
こうして、精読による英語構文の理解、ボキャブラリーの増強に、より時間を割きます。
そして、読解力が向上してくると、速読(多読)の割合を増やしていくのが一般的です。

このようにして、精読と速読をバランスさせながら併用する方法は、とても効果があります。

精読と速読をバランス良く継続する方法のひとつとして、英語のリーディングに慣れてきたら、速読用の教材は、自分のレベルよりも少し上のものを選ぶことをお勧めします。
これによって、精読と速読を同じ教材(読み物)で実施するのです。
速読をしていて、分からない表現に遭遇したら印をしておき、あとで精読します。
このようにして楽しみのなかで、両者をバランスさせることが重要なのです。

Favorite


▲ページTOP

HOME
なぜ苦手意識があるのか
順序・文法の違い発音の違い英語に接する機会が少ない上手になった気がしない英語の返り読み実力の勘違い
リスニング学習
入門編初級編中級編 
リーデング学習
日本人の弱点あらすじをつかむ読み方文章を理解しながら読む速読と精読のバランス多読と英文法