英語力に自信が無い方、英語を使いこなしたか方見てってね
題名
 
ホームへ戻ってくる
語順・構文の違い
発音の違い
英語に接する機会が少ない
英語が上手になった気がしない
英語の返り読み
実力の勘違い
リスニング学習
Lesson1 入門編
Lesson2 初級編
Lesson3 中級編
リーデング学習
日本人の弱点
あらすじをつかむ読み方
文章を理解しながら読む
速読と精読のバランス
多読と英文法

なぜ苦手意識があるのか

英語の返り読み

使える英語、とくにリスニングを強化したい人にとって、「英文を後ろからたどる」と言う方法は結構害になるものです。 難解な文章を読む時を除いて、英文は文頭から読んで理解するクセをつけましょう。

次の英文を見てください。

 "Is there anything I can do for you ? " 

直訳すると、 

   「あなたに対して (for you)、私にできることが (I can do)、
                   何かありますか (Is there anything)?」


日本語と英語とでは、見事なまでに語順が逆です。 この文を聞いて、そのまま瞬間的に理解できる人は、中級者以上です。 ここまでくれば、リスニング能力も相当なものになっていると思います。

だいたいの人は、英語を理解するため、一度通しで読んだ後、日本語の語順にしたがい、その英文を後ろから、たどって読んでいました。 これは「訳読」とも言います。 この方法は、英語を母国語としない私たちが、ゼロから英語を理解するときには有効かも知れません。が しかし、基本的な構文を理解したあとも、同じ方法を続けるのは、害が大きいと言えます。英語教材でも、このような方法を教えている物もありますので、気を付けましょう。

こんな方法で、長時間勉強をしても、会話をしたり、ニュースを聞くことはできません。会話を全部聞いたあと後ろから訳すなんて事は出来ないからです。 英語の小説や新聞を読むにも、膨大な時間がかかってしまいます。

これから、使える英語を身につけようとするなら、この「後ろからたどり読み」は、できるだけしないようにしなければなりません。

 

実力の勘違い

私たちが経験した学校の英語教育では、中学校よりも高校、高校よりも大学のほうが、多くの単語を覚え、難しい構文や表現を勉強していきます。 しかし、このようにして蓄積した知識が、ほんとうに「使える英語」の実力なのでしょうか? このような「勉強」の継続によって、外国人と英会話ができる、英字新聞をスラスラ読める、英語のニュースを聞き取れる、というような能力が向上するかどうかは疑問に思う所です。

「使える英語」を目指すなら、アメリカ人でも使わないような難解な単語や表現を習って知っているよりも、中学校レベルの英語を徹底的にトレーニングし、英語のまま理解できるようになっているほうが、実力は上だと思います。

TOEICやTOEFLのような、実践的な英語力を試すテストでは、多くの難解な単語や表現を知っているよりも、より多くの簡易な表現を完璧に自分のものにして、英語のまま理解できるようになったほうが、スコアアップにつながります。 とくにリスニングの強化を目指す人は、難解な単語や構文に取り組むよりも、簡単な表現を英語のまま直解するトレーニングをすることなのです。
これにより、読解力も格段に向上していきます。

外国人と英会話する場合も同じこと。 私たちが話す日本語もそうですが、会話で複雑な言い回しなど使いません。 そして、短い簡単な表現を英語のまま使えるようになれば、長い英文は短い文章の組み合わせです。 中級レベル以上のリスニングやリーディングもそれほど苦にはなならくなります。

学生時代、英語が得意だった人でも、「使える英語」を身につけるのは優しくありません。
逆に、目的と取り組み姿勢さえ間違えなければ、学校で英語が苦手だった人でも、「使える英語」を身につけるのは困難ではないと思います。

pickup

▲ページTOP

HOME
なぜ苦手意識があるのか
順序・文法の違い発音の違い英語に接する機会が少ない上手になった気がしない英語の返り読み実力の勘違い
リスニング学習
入門編初級編中級編 
リーデング学習
日本人の弱点あらすじをつかむ読み方文章を理解しながら読む速読と精読のバランス多読と英文法