英語力に自信が無い方、英語を使いこなしたか方見てってね
題名
 
ホームへ戻ってくる
語順・構文の違い
発音の違い
英語に接する機会が少ない
英語が上手になった気がしない
英語の返り読み
実力の勘違い
リスニング学習
Lesson1 入門編
Lesson2 初級編
Lesson3 中級編
リーデング学習
日本人の弱点
あらすじをつかむ読み方
文章を理解しながら読む
速読と精読のバランス
多読と英文法

なぜ苦手意識があるのか

発音の違い

日本語と英語の発音の違い。 これは説明するまでも無く、ほとんどの日本人が経験している事だと思います。

LRの使い分け、THの発音などは日本人にとって悩みの種です。 しかし、発音に関していえば、実は、このような一つ一つの音節の問題に加え、さらに重要なことがあります。 それは、文章全体の発音です。 日本語と英語の発音の違いで注目しなければならないのは、イントネーション(抑揚)やリンキング(単語をつないで発音すること)です。

たとえば、

“ Take a look at it ! “ (あれ見てみろよ!)

私たちはこれを、「テイク ア ルック アット イット」と、ほとんどイントネーションをつけずに発音します。 学校ではそう習いました。 しかしネイティブスピーカーとの会話で、我々に聞こえるのは、

「テカルッカリ」

です。
これは単語をつなぎながら発音する「リンキング」。 このように聞こえるのは、早口で話すからではないのです。 このように発音しているのです。

さらにやっかいなのが、イントネーションです。
私たちが話す日本語は、平べったいまったりとした発音ですが、ネイティブスピーカーは、強い抑揚とともに英文を発音します。
このため、文章表現のなかで、弱く発音する部分がほとんど聞こえない場合が多いのです。
また、アクセントの位置が異なると、それは自分が認識しているのとはまったく違う文章に聞こえます。

上に紹介した "Take a look at it" もアクセントの位置は "Take" の第一音節および "Look" です。
"at it" は極めて小さく発音します。
この文章は、日本語で「アレ見て」と言う意味ですが、日本人が「あ」「れ」「み」「て」それぞれの音節をしっかり発音するのとは大きく異なりますね。

このように、ネイティブスピーカーの発音は、私たちのイメージとはまったく異なった音で耳に入ってくる場合が多いのです。 もし、留学経験者に「テカルカリ」と言うと、ほとんどの人が“ Take a look at it ! “だと認識すると思います。 しかし、英語の苦手な人が聞いても、何のことか全く分かりません。

このように、初心者にとっては、個々の単語の発音も大事ですが「文章全体の発音」に慣れる必要があるのです。
それには、ネイティブの発音をタップリ聞いて、練習すること。
CDブックなどが手元にあれば、短い簡単な英文のネイティブ音声を何度も聞き、できれば後に続いて発音する練習をしばらく繰り返すことをしてみましょう。

ネイティブ音声によるトレーニングでは、できるだけネイティブになりきり、発音とイントネーションを真似るようにしましょう。
ネイティブの発音に慣れることは、リスニングや英会話の上達の第一歩であると同時に、それほど難しいことではありません。


▲ページTOP

HOME
なぜ苦手意識があるのか
順序・文法の違い発音の違い英語に接する機会が少ない上手になった気がしない英語の返り読み実力の勘違い
リスニング学習
入門編初級編中級編 
リーデング学習
日本人の弱点あらすじをつかむ読み方文章を理解しながら読む速読と精読のバランス多読と英文法