英語力に自信が無い方、英語を使いこなしたか方見てってね
題名
 
ホームへ戻ってくる
語順・構文の違い
発音の違い
英語に接する機会が少ない
英語が上手になった気がしない
英語の返り読み
実力の勘違い
リスニング学習
Lesson1 入門編
Lesson2 初級編
Lesson3 中級編
リーデング学習
日本人の弱点
あらすじをつかむ読み方
文章を理解しながら読む
速読と精読のバランス
多読と英文法

なぜ苦手意識があるのか

語順・構文のちがい

皆さん知っていると思いますが、日本語と英語では、語順と構文がまったく異なります。 たとえば、「去年は雪がたくさん降った」 を英語でどう言えばいいしょう?

We had a lot of snow last year.

これは、"we"を仮主語に使った、英語独特の言い方です。日本語とは語順も構文もまったく違いますね。 「この道を行けば駅にでます」は "This road will take you to the station." などと言います。

英語の苦手な私たち日本人には、想像もできないような主語を使います。 当然、それに続く言い回しも、日本語とはまったく違います。 このような表現は、習って知っているだけでは、会話の場面では出てきません。

リスニングについても同じです。 リスニングの場合、聞いた発音を直解(音声認識し瞬間的に理解)しなければなりませんが、普通の人には結構難しい事です。会話の時に出てこない、あるいは、リスニングができない理由は簡単です。 ほとんどの日本人が、英語を聞いても、日本語で考え、英語に訳して話そうとしているからなのです。

語順・構文のまったく異なる日本語に慣れ親しんできた日本人、特に成人が、英語を瞬間的に理解するのは、ほぼ不可能といって良いでしょう。

ドイツ人、オランダ人、フランス人など、ヨーロッパの人々が英語を簡単に話せるようになるのは、ヨーロッパ各国の言葉の語順構文がとてもよく似ているからです。多少のルールの違いがあっても、語順・構文が同じで、単語を置き換えるだけであれば外国語の習得はそれほど困難ではありません。

英会話は、聞いた英語表現を直解し、話したい表現が直接出てくるようにならなければ成立しませんが、 学校で、「読み・書き」にほとんどの時間を費やしてきた私たち日本人は、このような訓練を、まったくといっていいほど受けていません。5文型、動詞の活用、現在完了形、不定詞など、私たちは中学校で重要な文法・ルールは一通り習いました。でも、残念ながら、これらは、知識として知っているだけでは、とうてい実践では使えないものなのです。

日本人が比較的得意とするリーディングも同じことです。
洋書を楽しみながら読める、英字新聞をすらすら読める、という日本人がまわりに何人いるでしょうか?
残念ながら、学生時代、さんざん勉強した読み書きさえも実践では使えていないのです。
この理由は、「訳読」「返り読み」と呼ばれる勉強法です。

私たちは、英語を理解するために、英文を日本語の語順になるように読むクセがついています。
例えば、

"I didn't like my father when I was young."

この文章は、まず "When" 以下を「私が若いときに」と訳し、次に「私は父がきらいだった」と続けます。
そのほうが、日本語としてシックリするからです。これは、まさに「テストのため」あるいは「翻訳家になるため」の勉強法です。

この英文は、「私は、すきじゃなかった、父のことを、若い頃」と語順のまま理解することが重要です。もっと進めば、日本語になどなおさず、英語のまま理解しなければなりません。

しかし、この問題は、ちょっとしたコツを覚え、それを意識することで、克服していけるのです。 


▲ページTOP

HOME
なぜ苦手意識があるのか
順序・文法の違い発音の違い英語に接する機会が少ない上手になった気がしない英語の返り読み実力の勘違い
リスニング学習
入門編初級編中級編 
リーデング学習
日本人の弱点あらすじをつかむ読み方文章を理解しながら読む速読と精読のバランス多読と英文法